住宅ローンのオーバーローン

住宅ローン

以前ローン+新しいローン

住宅を売却し、また新たに住宅を購入する時、売却によって今の住宅ローンの全てが完済されるなら問題はありませんが、売却してもローンがまだ残っている場合は、新たな住宅の購入価格とローン完済分の両方を借入しないと家の購入が望めませんよね。それが住宅ローンのオーバーローンというものだそうです。普通は住宅を購入する時、物件価格の80%まで借りられるそうですが、買い替える場合に限って、100%以上の借入が可能なんだとか。

銀行によっては、限度額は決まっているものの、上限が200%のところもあるそうです。そういったオーバーローンは、やはり審査が厳しくなることもあるんでしょうね。でも確かに住宅を買い替えるとなると、以前の家のローン+新しい家のローンの二重の負担になってしまうので、こうしたオーバーローンで賄わないと、買い替えが難しいこともありますよね。

これとは別に、住宅ローンの低金利を悪用してオーバーローンする人もいるみたいですね。例えば3000万の家なのに、3300万を銀行から借入、300万を自動車購入に充てるといった場合です。このオーバーローンは明らかに違法行為ですよね。バレてしまわないことも多いようだけど、でも決してやってはいけないことでしょう。もしバレた場合には、銀行へ一括返済しなければいけないみたいですね。オーバーローンを推奨しているような不動産屋さんは要注意かも・・。

ネットでもオーバーローンのことが載っているサイトもありますが、オーバーローンで逮捕者が出たというニュースもありました。やはり水増しして融資してもらうというのは、不正行為であり違法行為なんですよね。借金があったり、他に欲しいものがあるから、できるだけ低金利でローンを組みたい・・という人は、このオーバーローンでなんとかしたいって思うんでしょうけど・・。

でも、バレた時には、ローンの全額を一括返済しなければいけないという地獄の選択しか残らないので、住宅ローンの低金利に目がくらんでオーバーローンに走るということのないよう、気をつけないとね。

それにしてもオーバーローンによる不正って、実際には結構あることなんでしょうか。もしあるとしたら、どれくらいの頻度で見破られてしまうんだろう・・。住宅ローンの低金利は確かに魅力だけど、リスクをおかしてまで、オーバーローンに走りたくはないですね。不動産屋さんに勧められたなら、即刻その不動産屋とは手を切るべきでしょう。

住宅ローン金利のリンク集

住宅ローン金利動向予想!今後の金利推移は?【2017年3月最新】
住宅ローンのオーバーローンは非常に困った問題ですが、金利にもしっかりと注目しておかなければいけません。特に変動金利の住宅ローンを借り入れた場合現在は非常に金利が安いので楽に返済できていたものが、金利が急上昇しオーバーローンとなってしまうこともありえます。そういった金利の問題をしっかりと勉強するために金利動向の予測をしているサイトを紹介しておきます。

Copyright 2015 避けたい住宅ローンのオーバーローン, Inc.

関連リンク:オーバーローンWikipedia