遅延損害金の支払い義務

住宅ローン

遅延損害金についての話

お金を借りているのに返済期日を守れなかった場合、延滞した日数分の利息の2倍以上を遅延損害金として払わなくてはいけないんですよね。
遅延損害金の支払い義務は、任意売却なら物件を引き渡す時までで、競売なら配当日までということなので、競売の方が負担が大きくなってしまうそうです。
遅延損害金が発生すると、物件を手放さなきゃいけなくなるリスクもあるため、ちゃんと期日通りに返済するのがベストですが・・それができない経済事情だから、返済が遅れてしまうんですよね。
お金がない人は、ますますヒドイ目にあってしまうってことだけど、お金がないというのは怠けているからではなく、働くところがないからなんだろうなあ。
正社員になれないからと、派遣やらフリーターやらで働いたとしても、そういう雇用って会社が不景気になると一番に首を切ってしまうところですよね。
不景気が続いている今、こういった働き方しかできない人たちが、ますます悲惨な目にあっているという現状があるんじゃないかな。
返す目途があってお金を借りたのに、失業によって返せなくなり、雇用もなくなり・・となると、借りたお金の返済ができなくても当然ですよね。
社会が円滑に動いてこそ、こういったことってなくなっていくんだろうし、やっぱ政治家には景気推進の対策について、もっとガンバってもらわないとね。

Copyright 2011 避けたい住宅ローンのオーバーローン, Inc.