住宅ローンのオーバーローンとは?

住宅ローン

住宅ローンのオーバーローンとは?

住宅を売却し、また新たに住宅を購入する時、売却によって今の住宅ローンの全てが完済されるなら問題はありませんが、売却してもローンがまだ残っている場合は、新たな住宅の購入価格とローン完済分の両方を借入しないと家の購入が望めませんよね。それが住宅ローンのオーバーローンというものだそうです。普通は住宅を購入する時、物件価格の80%まで借りられるそうですが、買い替える場合に限って、100%以上の借入が可能なんだとか。

銀行によっては、限度額は決まっているものの、上限が200%のところもあるそうです。そういったオーバーローンは、やはり審査が厳しくなることもあるんでしょうね。でも確かに住宅を買い替えるとなると、以前の家のローン+新しい家のローンの二重の負担になってしまうので、こうしたオーバーローンで賄わないと、買い替えが難しいこともありますよね。

これとは別に、住宅ローンの低金利を悪用してオーバーローンする人もいるみたいですね。例えば3000万の家なのに、3300万を銀行から借入、300万を自動車購入に充てるといった場合です。このオーバーローンは明らかに違法行為ですよね。バレてしまわないことも多いようだけど、でも決してやってはいけないことでしょう。もしバレた場合には、銀行へ一括返済しなければいけないみたいですね。オーバーローンを推奨しているような不動産屋さんは要注意かも・・。

ネットでもオーバーローンのことが載っているサイトもありますが、オーバーローンで逮捕者が出たというニュースもありました。やはり水増しして融資してもらうというのは、不正行為であり違法行為なんですよね。借金があったり、他に欲しいものがあるから、できるだけ低金利でローンを組みたい・・という人は、このオーバーローンでなんとかしたいって思うんでしょうけど・・。

でも、バレた時には、ローンの全額を一括返済しなければいけないという地獄の選択しか残らないので、住宅ローンの低金利に目がくらんでオーバーローンに走るということのないよう、気をつけないとね。

それにしてもオーバーローンによる不正って、実際には結構あることなんでしょうか。もしあるとしたら、どれくらいの頻度で見破られてしまうんだろう・・。住宅ローンの低金利は確かに魅力だけど、リスクをおかしてまで、オーバーローンに走りたくはないですね。不動産屋さんに勧められたなら、即刻その不動産屋とは手を切るべきでしょう。

住宅ローンのオーバーローンはバレる?危険性はあるの?

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、気になる商品があれば試してみると良いですね。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

将来、自の家を持つ。

というのは憧れるものです。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

以上の事から、支払をするにする。

という感じは、一般市民にはなかなかできません。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンのオーバーローンを借り入れすればいいのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くプロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込む場合は職場や自宅近くにある銀行でも良いですし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく借りた親が先に返済し、残りを子供が受け継いでいく為です。

こういった条件があるので長く借入れが出来るのです。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、住宅ローンを考えている方はこれは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。

という内容の保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンのオーバーローンの申し込みが出来ます。

参考:住宅ローンランキング!銀行どこがいい?【2018年おすすめ】

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も何がなんでもオーバーローンにならないようにして下さい。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

それにより、確実に通る。

といった様な簡単なものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

大部分の方が、借入れをしてから10年以内を目安にしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、手数料が出来るだけかからない銀行で選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

Copyright 2015 住宅ローンのオーバーローンに注意, Inc.

関連リンク:オーバーローンWikipedia